資産の保全と活用を図る 店舗向け遠隔データサービス「S-cubo(エスクーボ)」

トップページへ戻る

店舗情報のデータベースを各会社間で連携。店舗づくりから、保守・メンテナンスや改装計画に有効な設備管理と、情報連携による効果的な資産活用を実践します。

整理・共有が大変な店舗設備のデータ・図面・資料を「設備台帳システム」で一元管理・簡単共有!

経営判断と投資計画が、タイムリー&スピーディに。

管理・検索・表示・分析のイメージ

多店舗チェーンでの計画的投資判断も、優先順位の策定がタイムリー。

改修・入れ替え、省エネ検討などに掛かる、データ収集時間を大幅に短縮。

故障時には、事前の機器確認で早期の復旧に貢献。

現状調査、データ収集、改修計画に掛かる労力、時間、コストを削減。

フロン排出抑制法に対応した冷媒管理と冷媒漏洩量集計が可能。

データベースの情報連携で、時間、労力、コストを低減。

設備台帳システムの概要と連携のイメージ

設備台帳システムで実現するソリューション例

Case Study1 店舗機器リスト・保守情報・修理情報の管理。

Case Study2 投資店舗の「選出」と「投資優先順位」の設定。

Case Study3 「検索店舗」と「店舗図面」のスムーズな連携。

Case Study4 「情報共有」と「データ連携」で時間とコストを短縮。